[AndroIDEA]ゲーム開発をしたい。

どうも!DIRTY LABORの神崎です。

このブログに変わってからはちゃんと記事を書いていなかったので

最近やっていたことなどをまとめてみますぜ。

 

こちらは「顔出しゲーム実況者」ぽい人のコスプレをした時の写真です。

 

顔出し実況者のコスプレ

実況者さんって凄いですよね。大好きです。この格好でバレますね。

 


 

最近何してんの?

 

ゲーム開発

『AndroIDEA』(仮題)というゲームを企画しはじめてます。

今年は少し同人活動やボイスドラマ制作などは控えめにしつつ(なんか思いついたらやるかも)

長めのスパンで比較的どっしりとした作品を作りたいなと今年の初めに考えました。

 

twitterではこんな感じでおおよそつぶやいたこととかまとめたりしてはいました

 

どんなゲーム考えてんの?

 

 

『AndroIDEA』

 

ジャンル

アンドロイド開発シュミレーション

プレイ人数
1人
プレイ環境
PC
対応言語
日本語/English
配信
steam 配信
リリース目標
2023年

 

 めっちゃくちゃに

 納得のいっていない主人公案ラフ。

 

 ちなみに今回は

 メイングラフィッカーは

 別のお方にお願いする予定です。

 

 キャラデザは自分でやるっきゃないけど

 あまりに自分のイメージしてるキャラと

 自分の絵柄が似合わなさ過ぎてな。
 

あらすじ

事故によって下半身不随になった元エンジニア。

余命も残り数か月の上、車椅子生活の彼は外に出ることが出来ない。

しかし、彼はついに自身の意識をアンドロイドのボディに移植移動させることに成功した!

だがボディはバッテリーはすぐ切れ、重いものは運べない……まだまだ未完成だ。

アンドロイドの身体で外の世界に出て、ボディを強化するパーツの素材を集めよう。

元の身体では外には出られないが、素材からアンドロイドを強化することが出来るぞ。

 

動かない足と慣れ親しんだ肉体、完璧な鋼鉄の身体、

そして残された時間……最後にあなたは何を選ぶ?

  • エンジニアモード:開発、電話、日記や読書などが可能。外出不可。
  • アンドロイドモード:外出可能。素材・パーツ集めがメイン。開発不可。
  • 電話?:一体誰にかけようか?自分以外の人たちはどうしてるのかな?

 自宅の開発室でのみ、どちらの身体にも切り替えられる。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

みたいな感じです。

改めてこうやってあらすじ書くと恥ずかしいな。

ぶっちゃけ去年から考えてたから今の現状で書くのすげぇ恥ずかしい

---------------------------------------------------------------------------------

 

で、今は?

 

しかしゲーム開発なんて一体どうしたらば……

 

何十年も前に「NScripter」でノベルゲームを

開発放棄したことならあるのですがね!!!

 

「Wolf RPG Editor」でRPGなんかもちょろっと作ってました。

完成したかって?

 

ア゛


察しろ(大声)

 

 

 

 

〜閑話休題〜

 

僕がゲームを作るツールに初めて触れたのは、まだwindows98世代の頃です。

初めて触れたツールの名は「WORLD WID ADVENTURE」略して「WWA」

ご存知の方はいらっしゃるのでしょうか。

1996年 サイト開設、初代バージョン公開  2008年 作成マップ数3000突破

とのことです。時の流れやばすぎるな。

 

今では後続の有志の方が「WWA Wing」の名の元に

他デバイス上でも動作出来るようにアップグレードしているようです。

このニュースを知ったのは本当にうれしかったですね。

初めてゲームを自分の手で作ることが出来た

あの時の感動を思い出させてくれました。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

どうやって作っていけばいいのだろう

 

さて、ゲーム開発にはプログラムをバッシバシ作りこめちゃう人もいらっしゃいますが……

残念ながら僕は数学で7点を取った人間なのでゲーム開発用のツールを使います。

安心してください。100点満点中ですよ。

 

そして、ひとまず今日は「Game Maker Studio2」をダウンロードしてみました。

UNDERTALEの開発でも使われ一躍有名になったソフトですね。

30日間はフリー体験が出来るようなので、何ができるのか試してみます。

 

yoyo games

 

今日までは、Game Maker Studio2製のゲームや作りたい雰囲気のゲームをプレイして

作りたいものが作れるか、こういう処理は出来るかとイメージを膨らませていました。

今のところプレイしたのは、「STAY」 「Return of the Zombie King」とかですかね。

あとは「IdentityV」もやってます。有名なゲームはちゃんと有名な理由がありますね。

 

さて……ここで最大の問題です。

「クオリティはさておき、作品を完成させる」ということ。

 

これがいかに大変なことなのか、

また完成までたどり着いたことがある人は

一体どれだけいるのでしょうか。

 

理想は高く掲げすぎるといつまで経っても到達できないものです。

どこで妥協できるか、忘れていけないことは、最終目標は何なのか、

それらを見失わないようにしないとなーと言い聞かせています。

 

これはきっと同人誌であっても、ボイスドラマであっても

ほかの創作活動であっても、同じことなのだと思います。

 

今回の最大で最もゴールしたい目標:

それは自分のゲームをsteamで配信するということ。

自分勝手な作品はつくらないということ。

 

今作は完全に1人で開発する予定はありません。
英語版のローカライズもしてみたいし。

(英語版は日本語リリース後になりそうだけど)

それじゃあまた、完成までの道のりをふらふらながら歩いていければと。

なるべくこの日記が黒歴史にならんようにしたいです(大爆笑抱腹絶倒ギャグ)

 

 

JUGEMテーマ:PCゲーム

0

    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    おさがしもの

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    しえん

    ここからお買い物してもらえるとちょっぴり制作費の足しになります!

    selected entries

    categories

    archives

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM